枕カバー 男性


何故、頻繁にニキビが出来てしまうのか自分でも理解出来ない事ってありますよね?

実は毎日しっかりスキンケアが出来ていても、ニキビが出来てしまう場合があるのです。

その中で最も多い肌荒れの原因は、なんと枕カバーなのです!

今回は男性特有のニキビの原因、枕カバーについて詳しく解説しています。

枕カバーには寝ている間の汚れが付着する!

枕カバーには寝ている間の皮脂や汗・埃などが付着します。

その皮脂や汗・埃などの汚れを放置していると雑菌として繁殖してしまいます。

そんな枕カバーを使って寝ていると当たり前ですが、ニキビなどの肌トラブルの主な原因となってしまいます。

また、枕カバーを洗っていないと枕カバーに繁殖した雑菌が布団にも広がり、腕ニキビや背中ニキビの原因となってしまう可能性もあるので注意しましょう。

枕カバーには思っている以上の様々な汚れが繁殖しているのです。

枕カバーが男性ニキビの原因になる!

男性は枕カバーが原因でニキビが出来てしまう事が多くあります。

では何故、枕カバーが原因で男性はニキビが出来てしまうのか?

それは、、

寝ている間に分泌される皮脂が主な原因となっているのです。

男性は女性に比べ寝ている間に顔の毛穴から皮脂が沢山分泌されます。

その皮脂が枕カバーに付着したまま洗濯をしないと、雑菌だらけになってしまうのです。

そんな雑菌だらけの枕カバーで寝ると、顔に雑菌を塗りつけているようなモノです。

枕や枕カバーを洗わずに放置していると、高い確率で皮脂が原因で枕カバーに雑菌が繁殖してしまうので注意が必要です。

最低でも1週間に1回は枕か枕カバーを洗うようにしましょう!

もし、どうしても時間が無いのであればファブリーズなどでこまめに綺麗にする事をオススメします。

※ファブリーズは一時的な効果しか無いので、最低でも1週間に1回は必ず洗うようにしましょう。

因みに私の場合は常にファブリーズの詰め替えを4コ以上ストックしています(笑)

枕カバーを洗えない場合の裏技

仕事が忙しかったり、疲れ切っていたりする事もあると思います。

そんな枕カバーを洗えない場合は上記で紹介したようにファブリーズを利用するか、タオルを枕に巻く事をオススメします。

枕カバーを洗えない場合には朝と夜の寝る30分前にファブリーズかリセッシュを使いましょう!使いすぎると乾くまでに時間がかかるので適度でOKです。

タオルを枕カバーの上に巻く場合は必ず清潔なモノにしましょう!

汚れたタオルを使うのもニキビの原因になってしまいます。

関連:【男性肌】汚いタオルを使うとニキビの原因になるって本当??

まとめ

以上が枕カバーが男性ニキビの原因になるって本当なの??でした。

枕や枕カバーを頻繁に綺麗にしないと、皮脂が原因でニキビが出来てしまうので注意が必要です。

もし、毎日しっかりとスキンケアをしているのに、繰り返しニキビが出来る場合は枕に雑菌が付着している事が原因でお肌が荒れてしまっている可能性が非常に高いです。

枕や枕カバーは最低でも1週間に1回は洗濯するようにしましょう。(出来れば2日に1回程度洗うのがベストです。)

どんなに自分の肌に合う洗顔料と化粧水を使って適切なスキンケアが出来てお肌を綺麗に出来ても、寝るときに枕カバーが汚れてしまってはスキンケアをした意味が全く無くなってしまうのです。

関連:男性ニキビを徹底撃破!最強メンズ化粧水ランキング!