男性 顔の肌

「ニキビ跡は治りにくい」「跡を治すには時間がかかる」などニキビ跡の症状に悩んでいる人は一度は聞いた事があると思います。

きっと跡の症状で悩んでいる方は「具体的にどの程度の期間で治るのかが知りたい!」のだと思います。

っという事で、今回はニキビ跡の症状別にどの程度の期間で治す事が出来るのか詳しく説明します。

最短で男性のニキビ跡を治すにはどの程度の期間が必要?

最短で男性のニキビ跡を治すにはどの程度の期間が必要なのか?

ニキビ跡にも赤い炎症している跡、色素沈着の跡、クレーターの凸凹跡の大きく分けて3種類があります。

それぞれの症状は肌へ与えているダメージの度合いが違うので、最短で治せる期間も大きく違います。

自分の肌に出来た跡の症状と照らし合わせ読んでみて下さい。

赤い炎症のニキビ跡を治すのに必要な期間

赤いブツブツ等の炎症が収まっていない跡の症状は最短でも治すのに2ヵ月以上は必要になります。

この症状は毛穴の中でアクネ菌と皮脂、角質、角栓などが混ざり合って炎症を起こしている症状なので、まずは炎症を抑えなければなりません。

症状の度合いによっても違いますが、炎症を抑えただけで跡が目立たなく場合もあります。

色素沈着のニキビ跡を治すのに必要な期間

茶色いシミのような色素沈着のニキビ跡を治すのに必要な期間は最低でも4ヵ月以上は必要です!

色素沈着のニキビ跡の症状は皮膚の奥までダメージが浸透しているので、短期間で治すのは不可能です。

赤い凸凹の炎症している跡とは違い、比較的に軽い症状でも4ヶ月以上の期間が必要なのです。。

クレーターのニキビ跡を治すのに必要な期間

凸凹のクレーターのニキビ跡を治すには最低でも6か月以上の期間が必要です。

クレーターは肌の表面が凸凹になっている状態で、ニキビ跡の中でも最も酷い症状と言えます。

凸凹の状態にもよりますが、極端に酷いクレーターの場合は自力のスキンケアだけでは治せない場合もあります!

人によっては美容皮膚科で治療を受けずに自力のスキンケアだけで凸凹の表面を目立たなくさせる事が出来た事例も多くあるようです。

何故ニキビ跡を治すにはある程度の期間が必要なのか?

何故、ニキビ跡を治すにはある程度の期間が必要なのかと言うと、跡の症状は肌の奥にまでダメージを受けてしまった症状だからです!

特に色素沈着や凸凹のクレーターの場合は、ちょっとやそっとの事では治せません!

また、場合によっては自力のスキンケアだけでは治せない場合もあるので注意してください。

症状によっても様々で重度の場合は6ヶ月以上の期間でも治せなかったり、逆に軽い症状だと3ヵ月以内の短期間に治せる場合もあります。

※ニキビ跡はニキビとは違い肌が強いダメージを受けてしまっているので、治すまでにある程度の期間が必要になります。

まとめ

以上が最短で男性のニキビ跡を治すにはどの程度の期間が必要なのか?でした。

赤い炎症している跡は大体2ヶ月以上の期間、色素沈着は大体4ヵ月以上の期間、クレーターは大体6ヶ月程度の期間が必要なので覚えておいてください。

また、出来るだけ早い期間でニキビ跡を治したい場合には、ニキビ跡に効果的な化粧水を使う事をオススメします!

最近では口コミから火が付き大人気となっている男性用のニキビ跡ケア化粧水も発売されています。

関連:男性のニキビ跡を消せる!最強の化粧水ランキング!