塗り薬


「10代の思春期ニキビは塗り薬を使うと早く治る!」こんな間違った認識が広がっているようです!

10代の思春期の時期は外見を気にする事が非常に多いと思ので、一向も早くニキビを治したいという気持ちがあるのは分かります!

しかし、間違った方法でニキビケアをしていると早く治るどころか余計に悪化してしまうので注意が必要なのです。

今回は10代(思春期)の男性ニキビは薬を使って治るのはNGなのか?詳しく解説しています。

10代(思春期)の男性ニキビは皮膚科での薬で治せる!

10代(思春期)の時期にニキビで悩むのであれば、きっと皮膚科に行った事があるか、皮膚科へ行くか悩んでいる方が多くいると思います。

皮膚科によっても大きく違いますが、基本的には皮膚科で処方される薬にはニキビの炎症を抑える効果があるので、10代(思春期)のニキビを治せます。

しかし、皮膚科で処方された薬を使っても場合によっては繰り返しニキビが出来てしまうので、また皮膚科へ行って薬を持って塗る・・その繰り返しになりやすいので注意してください。

薬を使う事で10代(思春期)ニキビを治せますが、予防する事は出来ないので注意してください。

10代(思春期)ニキビは薬で治せても予防は出来ない!

皮膚科で処方される薬ではニキビを治すことは可能ですが、薬で肌トラブルを予防するのは不可能なのです。

10代(思春期)ニキビを予防するには、ニキビケア効果のある洗顔料・化粧水を使い毎日正しい方法でスキンケアをするのが重要です。

朝と夜の正しいスキンケアを継続することで、10代(思春期)ニキビを治す事も予防する事も出来るのです。

それには10代の敏感な肌でも使えるニキビケア効果のあるスキンケア商品を使う必要があるので、ニキビを予防したい方は是非チェックしてみて下さい。

関連:バルクオムでニキビを治した10代男性の良い&悪い口コミを暴露!!

10代(思春期)の男性ニキビは市販の薬では治せない?

10代(思春期)の男性ニキビは市販の塗り薬を塗る事で治せます!

正しく言い変えれば市販の塗り薬を使う事で治せる場合もあります!

今の時代、市販でもニキビに効果的な薬が何種類か発売されていますが、必ずしも治せるとは限りません!

何故なら市販の塗り薬は人によって合う合わないがあるからです。

正直、個人的には市販の薬を使うのはオススメしません!

市販の塗り薬を使って10代の思春期ニキビを治す方法!

市販の塗り薬を使って10代の思春期ニキビを治すのであれば、正しいスキンケアが何よりも重要になります!

まず、基本的に市販の塗り薬を使う場合には洗顔後です。

洗顔で顔の表面の皮脂や埃、汗などの汚れを綺麗にして化粧水でしっかりと保湿をします。

その後、症状の上に少量の薬を塗ればOKです!

間違っても大量に薬を塗るような事はNGです。高い確率で今よりも症状が悪化してしまいます。

また、塗り薬を使っても症状が一向に治らない場合や余計に酷くなった場合には、その段階で塗り薬を使うのをやめましょう。

↑自分の肌に塗り薬があっていないという事なので、薬を使い続けてもお肌の状態は悪化するだけで決して良くはなりません。

10代(思春期)の男性ニキビは市販の薬を使うと悪化する!

運が良ければ塗り薬の効果で綺麗に治せる場合もあるのですが、10代の思春期の時期は成長ホルモンの分泌によって、皮脂が過剰に分泌されているのでオススメは出来ません!

場合によっては塗り薬を使う事によって、余計にニキビの症状が悪化する危険性もあります。

10代の思春期の時期に塗り薬を使うと、皮脂と薬が混ざり合ってしまうので、でいれば薬は使わない方が良いです。

薬を使わなくても10代の思春期ニキビは治せる!

10代の思春期ニキビの主な原因は成長ホルモンの分泌によって皮脂が過剰に分泌される事ですので、薬は一切使用しなくても十分治せます!

お肌へダメージを与えない刺激成分を配合していない洗顔料と、お肌を十分に潤せる化粧水を使い、毎日正しい方法でスキンケアを継続出来ればそれだけで10代の思春期ニキビは治せます!

10代の思春期ニキビを治すのは決して難しい事では無いのです!

まとめ

以上が10代(思春期)の男性ニキビは薬で治す!はNGって本当なのか!?でした。

10代の思春期ニキビは薬を使う事で余計に悪化してしまう危険性があります。

場合によっては薬を使う事で治せる場合もありますが、デメリットの方が多いので出来れば使わない方が良いと思います。

また、10代の思春期ニキビは薬を使用しなくても正しいスキンケアが出来れば十分治せるので、常に正しいスキンケアが出来るように意識しましょう。

関連:男性ニキビを徹底撃破!最強メンズ化粧水ランキング!